鈴原小学校地区自治協議会へようこそ!


鈴原小学校地区は伊丹市の中南部に位置し、6つの自治会で構成されています。

また、市内でも高齢化率の高い地域です。

 人口   7,350人     高齢者人口  2,369人

世帯数  3,443世帯    高齢化率   31.8%

(2020年6月1日現在)


  2022年度活動計画

【 基本方針 】

鈴原小学校地区自治協議会は、「いつまでも住み続けたいまちづくり」を基本方針とし、

一人ひとりのつながりを深め、安全で安心して暮らせる住民主体の活動を進めます。

 

【 重点活動方針 】

1.コロナ後に向けた住民のつながり強化

  昨年度もコロナに始まりコロナに終わる1年間となり、一昨年度に続き人々の「つながり」

  が多くの場面で断たれた年でした。今年度こそコロナ後を見据え、この分断された「つな

  がり」を取り戻し、更なる強いつながりを構築したいと考えています。伊丹市や伊丹市社

  会福祉協議会などとの連携を深め、地域住民どうしがつながった安全で安心して暮らせる

  まちづくりにめます。

 

2.地域ビジョンの策定に向けた取り組み

  2年前、地区社会福祉協議会から地区自治協議会に改称すると共に、地域ビジョンを策定し

 これに基づいた「更なる住みやすいまちづくり」に向けた取り組みの予定でしたが、コロナの

 影響で組織の改称のみに終わっています。コロナ後を見据え今年度は、地域ビジョンの策定に

 取り組みます。まず始めに地域住民の皆さまへのアンケートを実施し、そのアンケート結果を

 踏まえた意見交換会やまち歩きを通じて、地域住民の皆さまのご意見を取り入れた地域ビジョ

 ンの策定に取り組みます。

 

 3.仮称「鈴原交流センター」の運用開始に向けた取り組み

  当自治協議会域に存在する3つの共同利用施設を統合し、新たに開設予定の仮称「鈴原交流

 センター」設立に向け、昨年度から自治協議会にプロジェクトチームを立ち上げ行政と共に検

 討を続けてきました。今年度は令和5年度の運用開始に向け、各共同利用施設からの移転作業

 や新施設の運用方法の策定などについて取り組んでいきます。自治会や老人クラブなど地域コ

 ミュニティー団体を始め、施設を利用されている各団体や地域住民の皆さまと情報を共有し、

 意見交換を行なうことにより、使いやすい施設の運用開始を目指します。